INTの仕事

日本列島の北から南まで。
運送業としてのINTのポリシー。

日本中を駆け巡る

日本中を駆け巡る

日本の中心部である京都を拠点に運送事業(一般自動車運送業)を生業とするINT。
自社オリジナルのデザイントラックに乗り、東奔西走日本中を駆け巡ります。
依頼とあらば九州から北海道まで、責任をもって荷物をお届け。

そして、ただ物流として仕事をするだけではなく、スタッフそれぞれの個性を活かしたアイデアを出し合い、
より良い仕事環境や次世代の人材育成などの"可能性"を開拓していくことにも余念はありません。

わたしたちINTは未来に向かって走り続けています。

仕事の厳しさと楽しさ

仕事の厳しさと楽しさ

限られた時間の中で遠方までのドライブ。
運送業はいわゆる「3K」など厳しい仕事として語られることがあります。
たしかに交通事故などのトラブルと隣り合わせで、常に疲労と戦い続けるなど厳しい面があることも事実です。

反面、各地の名物料理に舌鼓を打ったりなど、自分の裁量次第で運送業ならではの楽しみも。
ドライバーの中には各地の温泉を巡ったり、果ては遠方への仕事を自ら進んで引き受け、時には取り合いになってしまうことも…。
同じ仕事をするなら、生き活きと楽しく!がモットー。

運送業は、仕事の甘酸をギュッと濃縮した職業なんです。

一人前を目指して

一人前を目指して

一人前のドライバーの条件とは、あらゆる業務に精通すること。

道路交通法や休息時間など業務にあたる上でのあらゆるコンプライアンス遵守はもちろんのこと、運行管理などもできなければ一人前とは言えません。

また、INTはドライバーとしてのモラルも重視。
どこに出ても恥ずかしくない、トラックドライバーの理想を追求しています。

そうして一人前になったドライバーがはじめてデザイントラックに乗り、日本中を駆け巡ることができるようになります。
デザイントラックは一人前の証でもあるのです。

お問い合わせ

ページトップへ